えまるのぶらり日記

小さな1DKで一人暮らし。30代の元歯科衛生士。ストレスフリーを目指す!

【歯科日記㊴】 信じられない‼︎分院整理と閉院 6院目

その日は、久しぶりに社長が理事長(当医院の院長)とランチミーティングをする予定でした。いつもは、院長室で話すだけなのに珍しいなぁと思いながらも「いってらっしゃい」と大好きな院長をお見送りしました。

 

 

 

 

E先輩「院長遅いね、なんか悪い話かな・・・」

変な歯科医師「そうかもよ、社長の事あまり信用したらいけん」

全員(お前がいうな・・・)

E先輩「私たち、訪問行ってくるね。」

えまる「はい、お願いします。外来患者さんは1時間後だし、院長もそれは確認して行ってたからもうすぐ戻ってくると思います。」

悪魔「悪い奴が入ってきたら逃げるのよ‼」

えまる「はい・・・」

 

 

 

 

その後院長はすぐ帰ってきました。

 

院長「社長はね、都会の分院に力入れたいみたいですね。一気に広げすぎて管理ができなくなったようで分院整理するみたいです。」

 

えまる「そうなんですか・・・まぁ、売り上げもないのにすごい勢いで分院作ったしそりゃそうですよね」

 

院長「で、うちも分院整理の対象です」

えまる「えぇっぇぇ??」

院長「すみません・・・田舎で外来が増える見込みがないから閉院って言われました。」

 

えまる「え??でもうちは、法人の理事長がいる医院ですよ??施設も減ったけどまだ5施設と契約してますし在宅訪問もあるし・・・いつまでですか??」

院長「来月末です。社長は、今月末と言っていましたが、さすがに治療途中の患者さんいるからと来月末にと押してきました。」

 

えまる「来月末って急すぎます・・・」

院長「皆さんの給料1か月分は保証すると言ってました」

えまる「・・・E先輩に連絡していいですか??」

院長「もちろんです。また帰ってきたらみんなに話しますが・・・。あと、来週社長が皆さんに直接お話しにくるみたいです。」

 

 

 

 

来週、ルーズな社長は忙しいと言って来ませんでした。

 

まだ治療途中の患者さんはたくさんいました。新しい入れ歯を楽しみに待っているおばあちゃんもいました。それなのに社長は現場はお構いなし。お金がかかると思ったのでしょう。知らない間に技工所との契約も解約されていました。歯科材料の注文もできなくなりました。

 

そして閉院の3週間前に社長は、やっと私たちに話に来ました。

 

社長は私たちに謝罪し、給料1か月分は保証すると言っていました。そして社長の知り合いの大きな歯科を紹介してくれましたが、そこは毎日通勤できる距離ではなく・・・それなら分院に移動するか??と提案されましたが、分院の方がもっと遠くて引っ越しをしないといけませんでした。

 

全員、退職の道しかありませんでした。

 

それから、施設に報告し患者様やご家族に報告し、引き継げる歯科が見つかった所は引き継ぎをしました。とてもバタバタでした。

 

 

 

閉院1~2週間前

院長「昨日社長と電話したんですが、やっぱりうちは潰さない方がよかったっていってました。結局、お金に行き詰って冷静な判断できなくなって思い付きで閉院しようって思っただけなんでしょうね。」

 

あっという間に閉院し、退職になってしまいました。

 

悔しかったです。施設も患者さんもいました。外来も少ないけど動いてました。全然まだまだ頑張れる歯科医院でした。

 

f:id:kuma55tm:20200708182342p:image

 

 

 

 

 

 

 

職運がないのか、私がおかしいのか、歯科業界がおかしいのか、これが歯科の常識なのか。私の歯科衛生士人生のスタートはこちらから↓↓ 

kuma55tm.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村